Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Iris: Calm light on a rainy day in winter

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181625j:plain

数日、風邪気味で、なんとなく寒気がしていましたが、

この日は小雨。不思議に、それほど寒さを感じません。

本を読むには、昼間でも明かりが必要なのに、

等身大ドールを眺めるなら、これぐらいが丁度良いように思えました。

(続き)

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181615j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181614j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181613j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181617j:plain

笑顔が想像しにくい彼女。

しかし、静かで穏やかな気配を感じます。

誉め言葉として言っていますが、

等身大ドールに対して、私のような見方をするのは

笑止だと思う人も多いでしょう。

劣情を掻き立てるための愛玩物。

匿名のブログにしているのは

そのことを私自身が否定しきれないでいるからでしょう。

しかし、誰とも議論するつもりはなく、

嘲りの声に対しては耳目を塞ぐしかありません。

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181634j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181633j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181632j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181631j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181630j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181626j:plain

何年か前に活動を止めてしまった、或る木偶の坊ユーザー様のブログ、

「クッションドール夏音の撮影記録」を思い返しています。

私が巡り合ったときには、月一回か二回の更新になっていて、

今では何の痕跡もとどめていません。

Ameba のブログだったこともあり、着せ替えをメインにした

静かで、穏やかな内容でした。

私にとっては、同じような趣向の、

極めて近しく思える理解者、そんな内容のブログでした。

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181618j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181620j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181619j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181621j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181622j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181623j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181624j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181625j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181220181627j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181628j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181220181629j:plain

こんなことを考えているのは、今、私が

何だか心細いような気持ちになっているからでしょうか…。

彼女が凭れている硝子戸の向こうでは

12月の小雨が降り続いていて、蕭々とした気配が伝わります。

僅かな光に浮かび上がる彼女の姿は

私にとって

どこか祈りの対象と思えるほどになっていました。