Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Iris: Mysterious color

f:id:apaleovalinthewi02:20181113214759j:plain

前回の記事 "Black long Skirt" の続き。

薄曇りの午前中。撮影場所は、いつもと同じ、西の窓辺。

黒いフェイクレザーのジャケットを着せています。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20181113214754j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214752j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214753j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214747j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181113214748j:plain

いかにも午前中らしい光の色。

広角ズームレンズ特有の癖、

或いは、フェイクレザー表面の反射が関係するのでしょうか。

私には、昨夜の酔いが、すっかり醒めてしまったような

朝の光に思えます。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214751j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214750j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214749j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181113214755j:plain

それが、時間が経つにつれて、

レンズも替えると、そこには何か別の色が見え始めます。

カメラを向けているのは私ですが、

こんな画像になったのは何故なのか…誰かに操られていたみたいに

理由が分かりません。

私には馴染みの薄い午前の光が、これまで気づかずにいたこの子の美しさを

見せてくれているようにも感じられます。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214756j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214801j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214800j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214804j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214802j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214803j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181113214758j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181113214757j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181113214805j:plain

こんなに美しい子でも、人には薄気味悪くみえるのでしょうか。

或いは、本当に気味が悪いのは、等身大ドールに見入ってしまう

私の方なのでしょうか。

しかし、分かり切ったような詰まらないことを思い悩むより

移ろいの光の中に佇むこの子のことを

あれこれ考えて過ごすことにしました。

学生時代、人の下宿に転がり込んで、読んだ本のことや

映画、音楽、絵画の美しさ、楽しさに

時間を忘れて話ができたことを今頃になって懐かしく思います。

安物の酒と脂ぎった肴。

トンカツとステーキが一番の御馳走だったのは遥か昔になりました。

今は独り言を匿名のブログに書き留めるだけ。

それを残念に感じるのは、

自分で思っていた以上に

私は人と話すのが好きだったのかもしれません。

今頃もう遅いですが。…