Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Frieda: Small room in the boarding house

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161857j:plain

猫を入れないようにしている部屋の中。

久しぶりに少しだけ片づけました。

私だけの、いろんなものがある部屋なので、

何故か、学生下宿の、小さな部屋の中にいるように思えました。

(続き)

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161840j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161839j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161838j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161837j:plain

私自身は県内の学校に通っていたので、下宿の経験はありません。

ただ、毎晩いろんな友人の下宿に転がり込んでいて、

半分居候のような生活をしていました。

少し寒くなってくると、炬燵の中で、飲み食いし、

際限なく話し続けて、朝になっていました。

そこから学校へ行って、学生食堂で朝食を食べたことも。

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161842j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161841j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161843j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161845j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161847j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161846j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161848j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181026161849j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161850j:plain

このところ何回か大阪梅田へ出る機会があったので、

阪急電車の窓から、通り過ぎていく小さな駅を眺めていました。

あの駅には、誰それの下宿。

あの山の向こうには学校と、その近くに暮らしていた何人かの下宿。

小さな灯りを見ていて、過ぎてしまった40年の歳月を想いました。

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161851j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161852j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161853j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161855j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181026161856j:plain

下宿の小さな部屋で毎晩何を話していたのか。

一緒に観た映画。本の内容。音楽。美術。

何も変わっていないようなのに、

何もかもが変わってしまった気がします。

卒業してから一度も会ったことがなく、

顔は思い浮かぶのに、名前が出てこないのは老化の一つ。

つまらない思い出を辿っているのもまた老いた証ですが、

青い帽子の、この子の美しさ。

胸の中を、何か熱いものが走り過ぎていきました。