Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Extra edition: A piece of plastic

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143543j:plain

先日、アトリエ「空白」で見ていた「残留思念」。

購入できたことに気づいて、会期終了間際に

もう一度阪急中津へ行ってきました。

作者の八太英里様在廊中で、少しお話することができました。

それでも、声をかけて下さいとメールを頂いていたのに、

名乗らずに帰ってきてしまいました。

(ファンの一人が名乗っても、仕方ないことですから…。)

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143544j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143545j:plain

線画の少女の透明プラスチックと

色を塗っただけの透明プラスチック。

そして、アクリル絵の具のパレットだったヨーグルト容器の蓋。

その三つを自由に選んで、購入する_という仕組みでした。

どんな「思念」を選んだのか…

作者の関心は、線画よりも色の方だった気がします。

「びっくりマーク」ですね!というコメントが心に残りました。

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143546j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20181022143547j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181022143548j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181022143550j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20181022143551j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143549j:plain

本当は、Twitterで流れていた画像のように

どこかの街角の風景に重ね合わせて、

撮影すべきものなのだと思います。

小さな透明プラスチック2枚なら、手帳に挟んで持ち歩けますが、

一度も手帳を使ったことがない私のような人間は、

何に挟んで街へ出れば、よいのでしょうか。

詰まらないことを考えながら、朝の光が差すのを眺めていたら、

小さな少女が、そこにいるように思えました。

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143553j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143552j:plain

まるでアリエッティです。

いつか、ハルジオンの咲く頃にでも、道端に持って行って、

この子を写してみようという遥かな夢が出来ました。

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143555j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20181022143554j:plain

しかし、今日は、

黄色いショートコートの少女が、こちらを振り返っている

そんな空想を楽しみました。

彼女の後ろには、勢いよく水しぶきを上げている

渓流が見えるようです。