Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: Three full years passed.

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211454j:plain

この姿で前回登場したのが、8月9日。

その後、私の傍にいたのはKayla に莉里子。

この子は暫くクロゼットの中にいました。

彼女にも何か白いものを着せたくて、二種類ほどワンピースを並べましたが、

椅子と壁を支えにして立っている様子を見ていたら、

今回も、この姿のまま撮影したくなりました。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211439j:plain

これが、その様子。

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211443j:plain

前に回ると、こんな顔で私を見つめていました。

ティエラ様に彼女を作ってもらったのが2015年の4月。

既に、まる三年が過ぎていました。

ページ下の「カテゴリー」を見れば一目瞭然ですが、100回を超える登場回数。

このブログが彼女中心に回っていることを示しています。

何を着せても、それなりに似合うことは、これまで何度も書いてきたとおり。

それは多分、顔の色とボディの色に大きな違いがないからなのでしょう。

まる三年が過ぎても、

布と綿で出来た彼女の首には皺一つ見当たりませんし…。

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211449j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180828211447j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180828211448j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180828211445j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180828211444j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180828211446j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180828211442j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211440j:plain

人形のお顔の好みは人それぞれですから、何とも言えませんが、

ティエラ様に指摘されるまで、この子が三白眼だと気づかずにいました。

ただ、私がこういうタイプの目に惹かれるのは、内心分かっていて、

所有しているドールのあれもこれも、似たような眼をしています。

3年前、ブレイク寸前だった現実のスーパーモデルは

アメリカ中西部出身の、ひょろっとした女の子でした。

その後、しっかりワークアウトを重ねたボディは、

180cm 近い身長に厚みも加わって迫力十分。

昔のままの、素朴な表情で写る画像のすぐ後では、

誰かとキスしている様子が載っていたりで、

Instagramを追いかけていると、不思議なものも見てしまいます。

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211450j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211451j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180828211453j:plain

うまく説明できませんが、現実を生きている時間の流れと

人形の上を通り過ぎていく時間は、

同じようでありながら、何かが決定的に違います。

不思議な気分は簡単には拭いきれません。

しかし、何を当たり前のことを考えているのか_と書いておく方が

ここは収まりがつくのでしょうね…。