Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Ayana: wearing Áo dài

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225251j:plain

白いアオザイ姿の綾苗。

エフドールのスリムなボディが、この衣装に似合います。

最初は白をと考えて選びましたが、他の色のものも欲しくなりました。

乃木坂のPVを見た所為かもしれません。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225243j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225242j:plain

何を着せても似合うTay のために用意したSサイズ。

しかし、立ち襟の様子を見ていたら、首に見せたくない部分のある

あの子やこの子を思い浮かべました。

今回はエフドール・綾苗での撮影です。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225244j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225245j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225246j:plain

私の年齢が関係しているのかもしれません。

ベトナムと聞いて頭に浮かぶのは、

 ヴォー・グエン・ザップディエンビエンフー、テト、フエ…

 或いは、はげしい雨が降る A Hard Rain's a-Gonna Fall、

     雨を見たかい Have you ever seen the rain? 

あの時代に深夜のラジオやテレビで耳にした言葉です。

アオザイを意識するようになったのは、それに比べれば最近のことで、

等身大の前、1/3や1/6のドールを集めているときでした。

この8月15日が締め切りだった

OUGI SAIGON 様のキックスターターに応募するかどうか

最後まで迷ったのも白いアオザイを見た所為です。

結局、応募する代わりに

等身大ドール用に、アオザイを買ってしまったのですが。…

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225247j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225248j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225249j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225250j:plain

長い黒髪でなくても、綾苗が着ていると、

見たこともないベトナムの女学生を思い描くことができます。

私の職場に2年程いたベトナムの女性は、語学に優れ、

いずれアメリカかフランスに移り住むことを考えていました。

日本語も、聞くことは問題なく、

話すのがなかなか上手くならないとの自己評価でしたが、

私には時々面と向かって、chat しましょうと言ってくることがありました。

Jack Higgins "A Prayer for the Dying" を読み返していたときには、

私のペーパーバックを覗いた後、

あなたはカソリックなのか_と尋ねられたことを思い出します。

アオザイのことを私が訊くと、Áo dài と紙に書いて、

ザイとダイの中間のような発音をしてくれました。

彼女の高校の制服も白いÁo dài だったそうで、

小柄な彼女なら今でもそれがそのまま似合いそうでした。

私が好きだと言ったフォーは、家やレストランで食べるものではなく、

朝、路上屋台で食べるのが一番おいしいと言っていたことも思い出します。

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225252j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225253j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225256j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225255j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180821225935j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225254j:plain

乃木坂のPVで見るベトナムの様子は

私の頭の中の、モノクロや粒子の粗い毒々しいカラー映像とも違っていて、

今更ながら、時間が過ぎたことを感じます。

どこか南の美しいリゾート地。

明るく華やかで、流通する巨大なマネー…

それが、あの頃に想っていた、あるべき姿なのでしょうか。

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225258j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225257j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225259j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180821225300j:plain

私には分かりません。

今でも耳に残る美しい声で、Áo dài と発音してくれたあの女性は

希望通りに、アメリカかフランスで暮らしているのでしょうか。

それもまた、当たり前ながら、

私の与り知るところではありません。