Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

From the view-point of a sorrow cat

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215621j:plain

台風12号_Jongdari_の前後、

夕方の散歩途中で目についたものを並べました。

悲しい猫のような気分でいたので、

俯いてばかりだったのですが…。

(ドール写真は、ありません)

(続き)

最初の画像は、100段ほどの

急な階段を上った辺り。

この階段途中の踊り場で、早朝と宵の口に、

野良猫たちに餌と水をやっている小さな老婦人を見かけます。

両手に一杯の手荷物は、猫の餌なのでしょう。

奇特な方ですが、

その様子を憎々しげに()めつけている年老いた男がいるのに

気づきました。

いろんな思い、立場の違いはあるのでしょうが、

あからさまな憎悪の視線に驚きます。

なんとも生き辛い雰囲気を感じました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215620j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215622j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215623j:plain

道端に生えてくる嫌われものの植物。

この後、何度か除草されるのですが、時を経ずして、

元に戻ります。

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215624j:plain

壁面を這い上る苔。

雨の日の後の、

私の楽しみです。

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215625j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215626j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215627j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215628j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215629j:plain

台風前後の空。

夕映えの赤も、積乱雲の残る青空も

災厄の影が見え隠れしている

そう感じるのは私だけでしょうか。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215631j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215632j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215633j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180801215635j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215634j:plain

公園の遊具は、もう何か月も使用不可になっています。

張り巡らされていた立ち入り禁止の黄色いテープさえ

今ではご覧のとおり…

切れ切れになって垂れ下がっています。

この公園で、子供が遊ぶのを見たことがありません。

それは私の通りかかる時間が、

早朝か夕方に限られているからなのかもしれません。

赤や青に黄色、白。いかにも子供が好きそうな色合い。

機動戦士ガンダムを思い浮かべました。

鮮やかな原色のペンキと赤錆に蝕まれた鉄鎖、

朽ちていく丸太の美しさに私は見惚れています。

f:id:apaleovalinthewi02:20180801215630j:plain

夕陽の照り返しで

小さな黄色い花が無数に咲いているかのような

繁茂した草叢。

柵で囲われた土地に生えたものは

何故か除草されずに、いつまでも残ります。

誰かの所有物になるから_なのでしょうか…。

現代に生きる人間の不思議な約束事。

2~30分の散歩の間も、

極力、人に出逢わないように心がけていました。