Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Alice38: Summer Blue

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145618j:plain

アリスには青が似合います。

この画像だけ、彼女のブロンドが不思議な色に染まっていますが、

酷暑の午後、

青い色を眺めてみたくなりました。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145616j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145615j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145617j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145619j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145620j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145626j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145628j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145627j:plain

夏の色を青と考えるのは何処から来ているのでしょうか。

海で泳いだことは、もう30年以上ありませんし、

白い入道雲と青空も

引籠りがちになってからは滅多に見なくなりました。

今私が見ている青い画像の大半は Twitter 経由。

旧のアカウントでは、青い空、白い雲、半袖のセーラー服の画像ばかり

追いかけていた時期がありました。

気に入って、ネットプリントさせてもらったものも幾つか…

大半が十代の方の作品だった気がします。

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145621j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145622j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145623j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145624j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145625j:plain

十代後半の僅かな時間と

たった二か月ほどでしかない夏は、どこか似ています。

あっという間に過ぎてしまうのに

その後、何度も繰り返し甦ってくる想いや考え方、

響きのようなものが残ります…

それを色に例えるなら、青と考えたくなるのでしょうか。

祭りの赤や、眩い太陽の照り返しの白でも構わないのですが、

夢の儚さや純粋さを想うと、また青い色に戻ってしまいます。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145630j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145629j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180715145632j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145631j:plain

読み始めた "The Drowned World" の最初の辺りで

こんな一節に出逢いました。

 Injured military personnel marooned on an office block in a deserted swamp, dying recluses unable to separate their own identities from the cities where they spent their lives, disheartened freebooters who had stayed behind to dive for loot.…

三つの中で私に一番近しいのは、死にかけの世捨て人ですが、

置き去りの傷痍軍人もヤケクソの海賊たちも

私とさして変わらぬ同類なのか_という気持ちになりました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145633j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180715145634j:plain

岡に来て両腕に白い帆を張れば風はさかんな海賊のうた 齋藤史

こんな短歌を思い出したことも手伝って、

少しばかり心が晴れました。