Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Frieda: Rosy cheeks

f:id:apaleovalinthewi02:20180616120842j:plain

青いボーダー柄のワンピースから

パフ・スリーブのシャツとチェックのミニスカートへ…

着替えの途中で、止めてみたくなりました。

赤く染まった頬や指先の様子が

若い女の子の羞じらう美しさを感じさせてくれたからだと思います。

(続き)

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120836j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120837j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120838j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120839j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120840j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120841j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180616120843j:plain

頬を赧らめた美しい少女の面影が、どこから来たのか分かりません。

物語なのか、映画なのか…

現実のものではなくて、誰かの理想、虚構の美しさだと思えるのに、

具体的な作品名が浮かんできません。

高校一年生の六月頃、熱に浮かされたように読んでいた

堀辰雄には「燃ゆる頬」という掌編がありますが、

あれは寄宿舎で暮らす少年たちの話でした…。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120844j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120845j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120846j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120848j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120847j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180616120849j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180616120850j:plain

美しい少女も、美しい少年も、現実のものではなく、

誰かの夢の産物…

虚構の美しさとして形に残すことも

ある程度大人になる必要があるのかもしれません。

瑞々しい時季の一瞬の美しさを留めるためには

特別な時間を失って初めて生まれる情熱が必要なのでしょう。

f:id:apaleovalinthewi02:20180616120852j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180616120851j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180616120853j:plain

茜色の西の空の輝きを受けて赤く染まった頬と

着替えの途中で止めた頬の色が違うように思えるのは

私だけでしょうか…。