Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Iris: Fragile Beauty

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170251j:plain

半年ぶりの Iris 。

Level-D ボディの点検を兼ねています。

先々月 Tay が着ていたワンピースが、大きく前が開くタイプだったので

思い切って着せてみました。

Iris には少し大きい筈ですが、座ったままの彼女には

却って具合良い感じになりました。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170255j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170258j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170259j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170256j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170300j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170254j:plain

首筋の輝くような美しさ。

シリコンの体の内部から、文字通り滲み出しているのでしょう。

修理してもらったところは特に変わりはありません。

ただ、指の爪の付け根辺りの裂け目が

前より目立ってきていて、今回はシリコンゴムも用途に含まれる接着剤を

試してみるつもりです。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170257j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170252j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170253j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170301j:plain

彼女と一緒に、銅版画『Fragility』を撮っておきたくなった私の気分は

容易に伝わることでしょう。

シリコンドール特有のブリードは、さほど目立ちませんが、

彼女の靴下を履いた足でさえ、床に触れると、

見た目の違いはなくても、そこだけ異常に滑りやすくなります。

透き通るような美しさは、

刻々と失われてゆく何ものかと引き換えになっている…

足を滑らせそうになるたびに、

彼女の限られた時間を想いました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170243j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170250j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170246j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170302j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170304j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170305j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180528170245j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180528170303j:plain

絵に描かれたアーチ状の窓の向こうには

月の光に照らされた荒野が、どこまでも広がっている。

この絵を見るたびに思い描く風景です。

今日の Iris は、絵の中の翼ある少女と同じ

月の光を浴びているのではないか

そう思える時が何度もありました。

実際には、まだ、

午後の光が残っているような時刻でしたが…。