Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Extra edition: Daytime darkness

 

f:id:apaleovalinthewi02:20180523105617j:plain

上の展示会が見たくなって、遥々京都まで出掛けることにしました。

せっかくなので、伏見のお稲荷様、

酒蔵の一つ二つ巡ってくることも算段した上で…。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104643j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104644j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104646j:plain

平日でしたが、予想通りの人出。

JR奈良線稲荷駅の狭小なプラットフォームから人が零れ落ちんばかり…

それでも写真を見繕っていると

画面から不思議な静けさを感じます。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104645j:plain

御使いの凛とした佇まいです。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104647j:plain

京阪伏見稲荷駅から中書島駅へ。

月桂冠大蔵記念館には10年ほど前に一度来たことがあります。

その時は、伏見桃山駅で下車したように記憶していますが、

今回は駅員さんのアドバイスに従いました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104655j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104654j:plain

(上は黄桜カッパカントリー)

観光客がいないわけではなく、

東西の外国の方々も団体でいらっしていましたが、

青空、白壁、焼き板、深い影…

稲荷大社の雑踏がウソのようでした。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104648j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104652j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104650j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104649j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104651j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104653j:plain

月桂冠の旧本店社屋を利用した「伏見夢百衆」で利き酒セットを注文。

キンシ正宗の荒武者、月の桂に惹かれて「酒米セット」にしました。

大安の京つけものセットも一緒に…。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104656j:plain

昼間から美味しい日本酒を頂いて、

(大蔵記念館でも試飲しています。見学者には純米吟醸酒のお土産も…)

光と影のコントラストが、いっそう美しく思えてきます。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104657j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104658j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104700j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104659j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523104701j:plain

夕方5時近くのJR京都駅。

修学旅行の中学生が集合整列している後ろを通りました。

荷物の横に座り込んでいる生徒たち。近くの者と話している子もあれば、

放心したように京都の空を見上げている子も…。

二、三人かたまって傍に立っているのは引率の先生方なのでしょう。

何日間かの疲労の跡が窺えるようでしたが、

明るい表情が私の心に温もりを残しました。

光と影。

この駅は多くの人々が行き交うところです。

様々な話し声やいろんな物音だけではなく、合間合間にふと静寂も…。

稲荷大社では感じなかった特別なものの存在を

今日もまた意識することになりました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180523105619j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180523105618j:plain

お目当ての展示。

All artwork in the exhibition is available for purchase. 

私には夢のまた夢、でしかありません…。

小さな美術館の、美しい収蔵品を見せて頂いたような感じでしょうか。

体の前で掌と甲を重ねて立っていらっしゃる方から、

声を掛けていただくことはありませんでした。

(掛けられても、気まずいだけですね…)

が、一通り眺め終わって、帰ろうとすると

「よろしければご署名を」と勧められました。

京都市 〇〇 と書かれた横に、

同じように都市名と名前を記しました。

筆ペンを持ったのは久しぶりです。

書いたところで何になるのかと思いましたが、

今日の青空は明日の雨…

在廊なさっていた作家さまに軽くお辞儀をして

ギャラリーを出ました。