Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Kayla: Rain of the ruins

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105516j:plain

「示されていて気づかないもの」

45×30cm 墨、テンペラ 2016 浅野信二 (@asano_shinji )

昨年の「愛の夢」展(ベルンアート@GalleryBernart )で目にして以来、

ずっと気になっていた作品です。

目の前にあって見えていないものは何なのか

私にはきっと理解できないのでしょうが、

見つめていると時が過ぎていくのを忘れます。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105517j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105510j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105509j:plain

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180506105508j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180506105511j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180506105514j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180506105512j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180506105513j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180506105515j:plain

柿渋色のキャンバスに墨で描かれた廃墟の風景。

線路を跨ぐようにして張られた綱の上では

バレリーナのような衣装を身に着けた女が玉乗りをしています。

しかし、トウシューズの爪先は白い玉に接しているようには見えません。

2本の支柱の間の細い綱は、確かに撓んではいても、

何の重さを受けているのか…私には分かりません。

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105519j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105520j:plain

画面には不思議な静けさが満ちています。

絵の中の女は、今まさに空へ昇ろうとしているかのようですし、

空から地上へ

ゆっくり降り立とうとしているかのようにも見えます。

どこにも雨は描かれていません。

しかし、静かな雨の気配を感じました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105521j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105522j:plain

Kayla が見上げている窓の向こうでも

また雨が降っています。

時折、風が強くなって、

雨粒が窓硝子に叩きつけられるような

荒れ模様の天候。

f:id:apaleovalinthewi02:20180506105523j:plain

着せたままにしていたフェイクラバーの黒い輝きが

絵の中の廃墟の風景と窓硝子の向こうの嵐にも

相通じているかのようで、

私にとって忘れがたい時間を過ごすことができました。