Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Frieda: Cloudy light

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190249j:plain

この日は下り坂の天気。

出かける予定でしたが、諦めました。

窓からの光は、曇り空特有の色合い。

Frieda にヘッドドレスを付けてやりました。

(続き) 

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190256j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190257j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190251j:plain

このヘッドドレスは Tay に付けてやったことがあります。

"lace & synthetic leather" http://apaleovalinthewi02.hatenablog.com/entry/2016/02/18/192752

その後、"Iris: a lass in the old tableau" で使って、

結構気に入っていたはずなのに、奥の方に仕舞い込んでいました。

http://apaleovalinthewi02.hatenablog.com/entry/2016/10/08/053924

なんとなくmourner という雰囲気が最後に残ったからでしょうか。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190300j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190301j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190302j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190303j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190304j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190248j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190247j:plain

彼女には少しオーバーサイズではあるものの、

チュールレースを上げても下ろしても

それなりに似合っていて、悪くない気がします。

以前の記事よりは明るい画像になっていますし…。

ただ、彼女の表情に厳しいものがあるとすれば、

それは、もしかしたら、この所為かな。

f:id:apaleovalinthewi02:20180415165653j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180415165655j:plain

この撮影の前に、

左手首の金具が抜け落ちてしまう事件(?)がありました。

瞬間接着剤を塗布して、元の場所へ挿し込みましたが、

暫く様子見の状態です。

肩関節球の部分で留まっていたゴムを

上腕、肘関節球、前腕、手首関節球と通していって、

写真のS字金具に掛けてやるのは、なかなかの力仕事。

この 120cm の子は、静かに横たわっている時でさえ、

こんな緊張が、体の中では持続しているのだということを

改めて理解しました。

一杯に引き絞り、矢を放つ寸前の弓の弦…

狙いを定めて静かに立っている射手の

筋肉の強張りを想いました。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190255j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190254j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180414190253j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190252j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190305j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190245j:plain

弓道もアーチェリーも知らぬ門外漢が何を言っているのやら…。

自分でも可笑しくなります。

最後にお気に入りの一枚を…。

f:id:apaleovalinthewi02:20180414190246j:plain

下り坂の空の光が

今日の彼女には似合いました。