Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Extra edition: Fragility

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154455j:plain

長野順子・銅版画作品『Fragility』

エッチング・アクアチント 2017年制作

2018年2月20日(火)〜3月4日(日)ワイアートギャラリーで開催の

「さらなる深淵の世界へ  長野順子 宮崎敬介 展」で購入しました。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154503j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154501j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154502j:plain

展示されていた額入りのものは、既に赤丸が付いていて、

私はシートのみの購入になりました。

お好きな額を選んで飾るのもいいですよと勧められ、

画材店にて後日、選んだのが青い額。

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154452j:plain

懐具合の許す範囲での選択でした。

これでよかったのかな…という思いは残りますが…。

ただ、私の家には、絵を飾れるような壁がなく、

画集を眺めるように、それぞれの作品を箱から取り出しては

光の加減を見ながら、あちらこちらの窓辺に持っていきます。

額縁は、いろんな想いへ続く秘密の門口…。

この銅版画にはアーチ状の窓が描かれていて、

外には月光が満ちているように思えました。

こちらを振り返った翼ある少女の美しさ。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154453j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154456j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154457j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154458j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154459j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154500j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154505j:plain

場所を変えてやれば、作品を取り巻く空気も変わります。

いつでも目に触れる喜びは我慢しなければなりませんが、

思い立って見に行った風景のような

懐かしさ、新鮮さを味わえます。

下は、額装が終わっての帰り道、

久しぶりに立ち寄った神戸メリケン波止場

かつての艀だまり、通船だまりは、きれいさっぱりとしていて、

見る影もないような寂しさです。

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154443j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154444j:plain

それでも、この通船らしき舟には、昔のように

防舷材として黒いタイヤが括りつけられていました。

遠くに停泊中の、沖待ちの船を目にしたら、

なんだか無性にこの舟に乗ってみたくなりました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154442j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154446j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154447j:plain

幻の遠い船の上で、

父や母が、通船の到着を待っているというような

脈絡のない想いに打ちのめされました。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154448j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154449j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180316154450j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154451j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154439j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154506j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180316154507j:plain

小さな作品を一点購入しただけの私ですが、

作者、長野順子様からカードと礼状、巡回展の案内を頂きました。

一つ一つが宝物のように思えて、ありがたく、

心にしみるようでした。

今は何もかもが儚いものに映ります。

睦月弥生は、やはり特別な時なのかもしれません…。