Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Nana: the first blue

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190140j:plain

前の記事のDDシリウスを眺めていて、

今度はこの子、オリエント工業のソフビドール、

セパレートのナナについて書きたくなりました。

青いウィッグに、思い切って白いヘッドセットも付けてやりました。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190132j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190134j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190133j:plain

このヘッドセットは「新劇場版:序」の公開後に購入。

それより前に持っていた、穴の開いていない改装前のものは、

同じ公式グッズのはずなのに、髪留め部分が簡単に壊れてしまっていました。

あの制服に、青いウィッグ、白いインターフェイスヘッドセット…

同じようなものを何種類も、あれこれ買い集めていました。

プラグスーツだけは、価格等いろいろ問題があって、

まがい物を一つ持っていますが、手に入れることを諦めました。

一頃話題になったロシアの女の子の

白いレオタード姿を見たからなのかもしれません。

プラグスーツに拘る必要のないことを教えてもらった気がします。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190135j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190136j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190137j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190138j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190139j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190142j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190145j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190146j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190147j:plain

今日のこの子も、いろんな水着を重ね着した上に

オリーブ色のシャツブラウスを肩に引っ掛けて座っています。

ソフビセパレートボディが廃版になって、もう何年になるのかな…。 

この子の、女の子らしい脚の様子と青いウィッグ姿を眺めていたら、

今日の記事もまた、自分の原点を見ているような

不思議な気分になりました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190143j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190149j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180223190148j:plain

最近の私は夜中に胸騒ぎがして、しばしば目覚めます。

いやな夢を見ていたり、何か物音がするのを聞いたような…

夜驚というほどではありませんが、

それから暫く眠れないのも事実です。

そんな時には、何か懐かしい歌を

心の中で歌えばよいのだそうです。

ふと口をついて出るような歌…

私の場合、それが五つの赤い風船の「遠い世界に」でした。

そんなに好きな歌だと思っていたわけではなく、

昔、集会など、大勢で合唱させられるのもゴメンでした。

しかし、夜中の2時、3時頃、布団の中で輾転としながら、

あの鼻歌まじりのオープニングや

オートハープの音色まで思い出しています。

3番の歌詞まで、ゆっくりと呟く内に、なんだか怪しくなってきて、

同じところへ何度か戻るを繰り返しながら、

いつの間にかまた浅い眠りに落ちています。

「遠い世界に」のメロディや歌詞は、知らない内に

私の心に染み渡っていて、

夜更けの苦しい暗闇の中で、

私が縋る杖のようなものになっていました。

  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190150j:plain
  • f:id:apaleovalinthewi02:20180223190151j:plain

赤いドレスの続きで始まった2月。

いつの間にか青ばかりになって

終わることになりました。

3月も、あまりよい月ではありませんが、

少し気分を変えて、前向きにならないといけませんね。

暖かい日には港に行って、船を眺めてみたくなりました。

この子の瞳の向こうにも

希望があればいいな。