Privately Beautiful Items - 麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Akiko: open palm

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144031j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144028j:plain

朗子さんの右の掌。

一瞬、私の右手と同じ手相だと思いました。

しかし、人差指の付け根から小指にかけての一直線が、

彼女の場合、途中で分かれていました。

(続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144029j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144030j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144032j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144034j:plain

亡くなった母は、私の掌を見るたびに

良い手相だと褒めていました。

それが果たして、本当にそうなのか。

信じる者であれば、救われるのかもしれませんが…。

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144033j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144035j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144036j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144037j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144038j:plain

掌を眺めていて思い出すのは、石川啄木の歌。

 掌から零れ落ちていく砂。

 お城の上に広がる青空。

 上野駅の人の群れ、妻への花束…

朗子さんの白い掌を見つめ、

私のものを眺めながら、

どこか遠く、潮鳴りのような響きがするのを

耳にしました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144039j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144040j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180201144041j:plain

多分、

幻や空耳の類なのでしょう。…

 

暫く続いた彼女の和装を

そろそろドレス姿に戻す時期が来たのかもしれません。

一月後も

そう思っているのどうか

確かなことは言えませんが…。