麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Ririko: bunny

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175915j:plain

莉里子さんにバニーガールの衣装を着せてみました。

本来は4WOODSのA.I.doll Evolutionに用意したものですが、

この子はG~Fカップ。

クッションドールとは言え、胸の大きさでは負けていません。

立ち姿の不可能なシリコンドールの代わりを務めてもらいました。

(続き)

http://blog-imgs-66.fc2.com/a/p/a/apaleovalinthe/DSCN1772.jpg

上は、閉鎖中の前のブログの記事

2014.10.03「A.I.doll Evolution ハルヒ」から。

下は今回の莉里子さん。

f:id:apaleovalinthewi02:20180109184716j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180109184720j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180109184729j:plain

AmelieやTayに着せたときよりは、しっくりきているように見えますが、

何か違うという印象も拭えません。

胸が大きすぎて、燕尾服が窮屈に感じられるからでしょうか。

思い切ってライダースジャケットに替えてみました。

靴もハイヒールから、タイハイブーツにしています。

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175901j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175902j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175903j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175909j:plain

撮り直してみて、漸く気持ちが落ち着きました。

初回撮影時、折れたウサ耳の横顔が気に入ったので、

それもたくさん撮りました。

そのいくつかを…

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175910j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175912j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175913j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175914j:plain

せっかくのバニーなので、立ち姿も…。

骨格の入っていない、綿と布だけのボディですが、

軽量の嬉しさ、股間を支えるだけで、立っているように見えます。

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175906j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175907j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175916j:plain

バニー・コスチュームを眺めていたら、

水着のピンナップ・カードを思い出しました。

そろそろ勤務時間が終わる頃(そこからまだ2時間はボランティア業務が続くのですが)

珍しく自分の席に戻っていました。

へとへとになっていたことを覚えています。

初めて会う生命保険の婦人外交員が、パンフレットだけでなく、

小さなカードも渡してくれました。

「お使いになりますか?」の言葉を添えて…

ぼんやり受け取ったカードには、黒いワンピースの水着の

美しい外国人女性が写っていました。

それは、腕時計のベルトに装着する

薄いアルミのカレンダーが嵌め込まれた台紙。

しかし、銀色に輝くアルミニウムの欠片は、あまりにも小さくて、

存在を主張していたのは、むしろ台紙のピンナップの方でした。…

空山基の画や、アメリカ軍用機のノーズアートが好きだったこともあって、

私は急に元気になったみたいに、喜んで受け取りました。

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175904j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175905j:plain

その後、私が席にいない時にも、同様のカードが置かれるようになりました。

青い空と海。白い砂浜。

スポーツ・イラストレイテッド誌の、水着特集号のような雰囲気でしたが、

ビキニは少なく、ハイレグのワンピースが主流。

その当時の流行りだったのでしょうか。

机の上に置かれているのを見つける度に、

秘かに笑みがこぼれましたし、嬉しかったことも確か。

水着のピンナップが、その頃の私の元気の素だったと、

今、声高に主張するつもりもありませんが、

楽しみにしていたことは間違いありません。

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175917j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20180112175918j:plain

何枚か届けられて、あの1.17になり、

震災後は、届かなくなりました。

ドルフィードリームシリウス量産型を

私が初めて手にするよりもまだ10年も前の思い出です。