麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Alice38: Who's there?

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163413j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620105817j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620105822j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620105830j:plain

nosce te ipsum 「汝自身を知れ」 と題された鏡とAlice38。

鏡の国のアリスを意識しないわけにはいかず、元々の青いドレスに戻しました。

(白の適当なエプロンがなく、それらしい様子で写っているのは彼女の下着…)

前回彼女が登場したのは5月17日。

今日とは全く別物のような表情、雰囲気です。

 (続き)

今回の鏡も伊豫田晃一さんの作品です。

https://pbs.twimg.com/media/C_3CP-VUwAIPYBI.jpg

https://pbs.twimg.com/media/C_3CP-VUwAIPYBI.jpg

この美しい画像をtwitterで見たのは5月15日。

それが私のものになるとは思ってもいませんでした。

f:id:apaleovalinthewi02:20170621081952j:plain

先のウロボロスの鏡より遥かに小さく、直径は10cm。

8cmのメダリオン03 _ラビリンス・ウロボロスを写してやると、

まるで特別な額装を施したように見えます。

しかし、私自身を写すことは、

この手鏡ほどの大きさの鏡でも、やはり躊躇われます。

覗くと愚者の顔が現れる_という警告よりも、

そこにいるのは本当は誰なのか_

そんな思いに囚われるのを恐れるからです。…

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163420j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163414j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163416j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163407j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620105821j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620105829j:plain

冷たい硝子に頬を寄せんばかりにしているこの子でさえ

鏡の内と外とでは、何か違う表情をしているように思えます。

同じものが写って当然であるのに、

別の存在_似て非なるもの_を感じるのは何故なのでしょうか。

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163419j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163412j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170620163406j:plain

美しいドールに

私自身の夢を重ねているのは明らか。…

鏡の中に別の顔や何か得体の知れないものを覗き見たら、

やっぱり怖いですね。

鏡に対するprimitiveな思いを再確認しました。