麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Barbora: green to the eyes

f:id:apaleovalinthewi02:20170610185027j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170610185028j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113746j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113754j:plain

Barbora。

Ex-Liteのボディからリップロップボディに変更。

S胸だったかな…。

こっちの方がデコルテが綺麗に見えます。

それに額面通り160cmの身長があるのでウエストが細く見える上に、

なんだかゴージャス…

色の違いも気にならないレベルです。

 (続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113748j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113747j:plain

ところで、彼女には緑のボトルが似合います。

feeling of a foolhttp://apaleovalinthewi02.hatenablog.com/entry/2017/05/29/214143でも

そう思いましたが、

f:id:apaleovalinthewi02:20170610185019j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170610185023j:plain

写り込んでいる他のものよりも

この緑のボトルが彼女を引き立てているように思えます。

季節はちょうど緑眩いころ。

f:id:apaleovalinthewi02:20170611121131j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611121128j:plain

初鰹よりも戻り鰹の方が旨いのに_と思いながら

誰も通らない時間帯の道を歩きます。

f:id:apaleovalinthewi02:20170611121127j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611121125j:plain

歩道のアスファルトと縁石の隙間にぎっしり生えていたハルジオンは

この辺りの地域住民によるクリーン作戦なるものによって、

今は、すっかり取り除かれしまいました。

f:id:apaleovalinthewi02:20170611121129j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611121130j:plain

嫌われものの葛が引き抜かれるときには、

この紫陽花も運命を共にするのかな…

そんな道路の景観を美しいと呼ぶのかどうか

私には分かりません。

ただ、誰に手をかけて貰わなくても、来年もまた同じ頃、

同じ場所を埋め尽くす緑になるのは、

なんだか小気味いいように感じられます。

スコッチウイスキーCutty Sark

学生時代の有難みは失せてしまったのに、

その空き瓶とクッションドールの取り合わせに対して

何とも言えない特別な美しさを感じるのは、何故なのでしょうか。

私のひねくれた思いは、

何もかもどこかで、根っこが繋がっているように思えます。

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113751j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113745j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170611113753j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170610185026j:plain

彼女の大きな瞳。

わざわざ言わなくても、これだけ画像を並べたら

魅せられているのが分かりますね。

部屋に立っている姿を見ても心が動きます。

 

広告を非表示にする