麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Akiko: reflection of the mirror

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185611j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185613j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185612j:plain

鏡は姿を写すだけのものではありません。

何を今更という感じですが、

光を受けて、角度を変え、

本来は闇であるところに幻の光を出現させます。

今日の彼女は何だか月の光に照らされているようにも感じられます。

 (続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185559j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185600j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185602j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185608j:plain

私が小学校低学年ぐらいだったでしょうか…

父と一緒に近くの神社まで、夕方の散歩へ出かけたことを思い出します。

そこの本殿とは別に、参道途中、すこし逸れた所に御稲荷様が祭られていました。

覗き込むと、薄暗い祠の中には丸い鏡があって、

父は何を思ったのか急に、

あの鏡に自分の顔が写ってはいけないのだと言いました。

暗がりの中、何本も連なる赤い鳥居や御稲荷様の様子が、私には恐ろしく思えて、

祠の中を覗き込むのを止めました。

それから40年以上が過ぎて、

父の余命が20日もないと告げられた時、

いろんな思いを抱えながら、その神社へもお参りをしました。

その時も祠の前で首を垂れ、手を合わせただけ…

覗いてはいけないという父の声を思い出していました。

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185603j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185606j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185605j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170530185610j:plain

昔のことをまざまざと思い出しました。

鏡に不思議な力が宿ると考えた人々と同じような感覚を

私は小学校以来持ち続けているのかもしれません。

可笑しいですね…