麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Barbora: New Face

f:id:apaleovalinthewi02:20170520103103j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224610j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224615j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224619j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224617j:plain

先日、Ex-LiteのボディにAmelieヘッドを載せてみるという試みをしました。

(Amelie: an attempt)http://apaleovalinthewi02.hatenablog.com/entry/2017/05/03/061435

丁度その頃、ティエラ様のところでは15号の制作が始まっていて、

進捗状況を伝える記事の更新を待ち遠しい思いで眺めていました。

もう一体等身大を増やす余裕のない私には、何とも羨ましく、

Ex-Liteの替え用に

ヘッドだけ新しく作ってもらうことを思いつきました。

 

 

(続き)

 

大人の雰囲気がする160cm級の着せ替えドールが欲しいのに

シリコンドールの重さに閉口していて、

シンディ人形、工房徒桜の流れから辿り着いたティエラドール7号の画像。

私の好きなモデルに似せて作ったのではないか_そう考えて連絡をしてみました。

似ていたのは偶然だったらしく、改めて作っていただいたのが8号Dita。

その後、リップロップボディ用にAmelieヘッド、10号Tayと続きます。

ヘッドは全てカットマネキンのスピロ。

現在、ティエラドールのホームページにはエアブラシによるメイクの過程が

公開されています。

f:id:apaleovalinthewi02:20170518181219j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170518181214j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170518181215j:plain

形の出来上がっているヘッドにメイクをしているので

誰の顔でもリクエスト可能というわけではありません。

今回も四人ほど候補がありましたが、ティエラ様が選んだのは

なんとなく私も予想していた子でした。

f:id:apaleovalinthewi02:20170518181206j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170518181210j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170518181208j:plain

その子は、残念ながら名前が分かりません。

ハンガリー出身のモデルに似ているようにも見えますが…。

私は東欧風、スラブ系の顔立ちに心惹かれるらしく

この子の名前も、似ていたモデルの名前からチェコ風のアレンジをしてBarbora。

スピロ本来の黒髪の様子からも、そんな雰囲気がしてきます。

しかし、もう少し明るい色の髪にしてみたくなり、ウィッグを着けてみました。

f:id:apaleovalinthewi02:20170519095443j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170519095441j:plain

別人のように思えるのは、私がナイーブ過ぎるからからでしょうか…

f:id:apaleovalinthewi02:20170520103100j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520103102j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520103105j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520103104j:plain

この明るい茶色の長いウィッグが一番彼女らしい気がして、

あとはドレス選び…

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224611j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224614j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224621j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170520224617j:plain

Ex-Liteの皺や

色の違いが目立たない衣装を選んでやる必要はあります。

しかしそれもこれも、楽しい作業…。

ドールに心寄せる人なら、ご存知のことですね。