麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Megu: closed knee

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182803j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182802j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182816j:plain

ソフビセパレート・ボディのMegu。

このところずっとNanaのボディになっていましたが、もともとはMegu用。…

ジジ様のブログに、セパレートの記事があり、

私とは違った視点での取り上げ方だったので、この子を出してみることにしました。

妙な色気を感じさせるNanaに比べると、この子はいかにもお人形さん。

大きなDDと言ってもおかしくないような雰囲気です。

 (続き)

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182801j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182804j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182812j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182813j:plain

購入して数か月後には販売終了となりました。

その告知を見たとき、ひどくガッカリした覚えがあります。

股関節の隙間がドールとしてどうなのか_という思いもありましたし…

ただ、このボディの一番の魅力は、女の子らしい

膝を閉じた座りかたが出来るということでした。

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182817j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182808j:plain

この子をお迎えするまで、私が見ていた等身大ドール

4WOODSやLevel-Dのシリコンドール。

30kg近い重さに加えて、両手を上げることのできない不自由さ。

着せ替えが想像以上に難しく、難儀することになりました。

加えて、股を開いた姿勢がデフォルトのため、膝を閉じることができません。

美しい子が、脚を開きっぱなしにしている_というのは初めは良くても、

ずっとその状態が続くと、胸がつぶれるような気持ちになります。

膝が閉じられているからこその艶やかさ、妖しさ、魅力なのでしょうか…

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182815j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182809j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170506182807j:plain

この子を手に入れてから、私は軽量の等身大ドールを探して、

あれこれ探しまわることになりました。

雑誌 i-doloidで目にした荒木元太郎氏のクッションドールの美しさ。…

こんな等身大ドールがすぐに主流になると思ったのに、

そうはなりませんでした。

どうしてなのかな…。