読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Daisy: standing before nylon feet

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181331j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181334j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181337j:plain

160cmクッションドール_Tayの足下に立っています。

(実は、この画像の右側には、傷ついたPsycheさんが横たわったままなのですが…)

衣装はもちろんraven black hairのときのもの。

普段はポートレートのようなつもりで撮っているので、脚まで写すことは稀ですし、

今日も主体はRaccoon DollのDaisyなのですが、

30デニールの黒いタイツに包まれた脚の存在感は大きいですね。

 

 

(続き)

 

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181328j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181327j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181332j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181330j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181335j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181339j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181333j:plain

それでもDaisyです。

40cmばかりのキャストドールであっても負けてはいません。

色合いも関係しているのでしょうが、画面には不思議な雰囲気が漂います。

ナイロンの荒野に立っているというような

勝手な物語を思いつきました。

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181336j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181338j:plain

その荒野には、風が吹き渡っていて、

彼女は風の匂いを嗅いでいます。

去来する思いは何なのでしょう。

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181341j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170408181340j:plain

彼女と同じ地平に立って、

遠くを眺めてみたくなりました。