麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Daisy: standing on an easel

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184715j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184720j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184722j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170331105346j:plain

ディスプレイ用のイーゼルを購入しました。

商品名は_RaymayアンティークイーゼルLPT751。

伊豫田晃一さんの作品や

ワイアートギャラリーから頂いたポスター等を飾るつもりでしたが、

先にドール撮影に利用。

小さなドールを受け台に立たせると、これまで撮ったことのない窓際での撮影が

可能になりました。

 

 

(続き)

 

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184717j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184727j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184723j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184719j:plain

先日購入したアトリエサードのExtraART FILE12。

f:id:apaleovalinthewi02:20170325185102j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170325185103j:plain

中嶋清八ドールを解説する志賀信夫氏のいくつかの言葉が引っかかっています。

人形を見る人の意識はやはり細部へ向かう。まつ毛のある顔や爪のある指先を見ていれば、当然性器もあるのだろうと考える。

中嶋は、人間そっくりの生き人形を追及しながらも、人間と人形の間には一線を引いている。それは、人形愛好家とは異なり、ラブドール愛する人とは、おそらく真逆だ。そこには、人形という存在を客観視しようという意識が明確にあるからである。人形作家は、人形づくりに淫しても、人形そのものに淫してはならないのだ。

美術雑誌の文章に馴染みがないからか、他の文章も分かるようで分からない…

そして、なんとなく気持ちが凹むのは、私自身による読み違いや

曲解があるから_なのでしょうか。…

f:id:apaleovalinthewi02:20170325185054j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170325185057j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170325185106j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170325185055j:plain

もやもやした気分のときには散歩するのが一番。

普段目にしていても気づかなかった美しいものに眼がいきます。

何を美しいと感じるか_

その感覚は、誰かと共有できれば幸いですが、それを分析し、議論するような作業は

私の趣味ではない。

三月の終わりに漸くそう言い切れて、気持ちが少し晴れました。

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184726j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170331105347j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170331105345j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170331105348j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170331105344j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170330184725j:plain

ただ好きなものを眺めて、好きに撮るだけです。

改めて、そう思いました。