読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Psyche: in a room not to put in a cat

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124801j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124757j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124747j:plain

私の飼っている猫は殆ど鳴きません。

いわゆるサイレントキャットの類なのでしょう。

ただし、ふと目が覚めて、傍に誰もいないことに気づくと、

一頻り鳴くことを最近になって知りました。

Yori: Residence of J. F. Sebastianでも写っていたこの部屋は猫立ち入り禁止。

哀しげな鳴き声を聞くと入れてやりたくなりますが

部屋の中には、爪を立てられては困るものばかり。

諦めてもう一度昼寝に戻ってくれることを待つしかありません。

 

 

(続き)

 

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124749j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124750j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124755j:plain

猫が入れない部屋の中には、

等身大ドールとその衣装、ポスターパネルなど、私好みの美しいものが

散らばっています。

Psycheさんは、このところ、こんなふうに雑多なものに囲まれて、座っています。

普段目にしている彼女は、画像から感じるよりも遥かに存在感があって、

誰か、名前は知っているのに思い出せない、小さな女の子が

私をじっと見つめているような気持になります。

今にもふっと、言葉を発するのではないか_

怖れとも期待とも何とも言えないような気持に満たされます。

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124751j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124758j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124759j:plain

今日は一度立たせてみようとして失敗。

転倒させてしまい慌てましたが

どうやら大丈夫だったようです。

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124754j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170328124756j:plain

前髪が乱れているのはその所為。

綺麗に揃っているよりはリアルな感じがして、

そのまま写したものの方が結果的には沢山残りました。