読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Amelie: a feeling of impatience of the evening

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190337j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190339j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190340j:plain

一日の大半を猫と過ごしていて、

それでも夕方が近づくと、何かしらかの焦燥感に囚われます。

西向きの窓から斜めに差し込む光の様子、

心の中に響く古い歌の数々…

じっとしてはいられなくなって、カメラを持ち出して撮っているのは

これまでと変わらないようなものばかり。

今、好きなものは、こうした感じなのだ_

それは半ば偽らざる確認であり、

また、開き直りのようにも思えます。

 

 

(続き)

 

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190342j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190341j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190338j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190336j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190333j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170319190335j:plain

神戸芸術工科大学の卒展カオスで見た
中川愛子さんの「NO PEEKING 覗かないで」
小さな紙切れの文字が今も木霊します。
 
君のことを知りたい。だけど、覗くことはできない。
誰にも知られたくない。だけど、それも寂しい。
君のことは、どうやってもわからない。
私のことは、誰も知らない。

 

時間が過ぎていくのを

唯、じっと、待つことにします。