読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: the fictional blue sky of the sorrow

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155156j:plain

桜流しを聴くと、青空が目に浮かびます。

赤い海の上に広がる虚構の青空、白い雲…

瓦礫と呼ぶには余りにも大きな残骸の数々。

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155152j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155154j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155153j:plain

映画本編はいろいろ言われていたようですが、

見終わって映画館を出た後、不思議な余韻に浸ったことは今でも覚えています。

こことは違う時間の中を過ごした_という記憶もあります。

それだけで、もう十分じゃないのかな…。

f:id:apaleovalinthewi02:20170204165726j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170204165725j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170204165724j:plain

誰かの作ったものを貶したり、悪しざまに罵るような言葉は

出来るだけ目にしないようにしています。

好みは人それぞれ。

期待を裏切られた不満はあっても、それを声高に言うのは何かイヤだな…。

それよりは自分の好きなものを知らせて欲しい。見せて欲しい。

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155158j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155202j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155200j:plain

シンパもアンチも罵り合いは不毛。

静かに流れる歌を聴いていたら

悲しくなるほど青い空に、白い雲が流れていく。

美しいもの、綺麗なものだけを眺めていたい。

f:id:apaleovalinthewi02:20170205155151j:plain

それは甘い考えなのかな…