麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Extra edition: The art exhibition in Kyoto

10月21日金曜日、ふと思い立って京都岡崎の市立美術館まで行ってきました。

23日で終了となる新制作協会京都展、

彫刻家・田島享央己先生の作品『Forgetful』を見ておきたくなったからです。

http://shidokou.blog20.fc2.com/blog-entry-111.html

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103308j:plain

よく晴れた日だったので、平安神宮の鳥居の朱が鮮やか。

さすが京都、土日でなくても人が一杯、市バス車内も満員でしたが、

800円の入場料を払って入館した展覧会は嘘のような静寂に満ちていました。

入ってすぐに、スマホで作品を撮っている人を見かけたので、確認したところ

写真撮影可!

散歩用の小さなデジタルカメラですが、お気に入りを撮らせて頂きました。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103311j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103309j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103325j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103326j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103327j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103310j:plain

息を呑む美しさ。

そんな作品が無造作に置かれていて、誰も触れたりしないのかと

余計な心配をしてしまいました。

美しいものを傷つけてやろうと考える輩はいくらでもいそうですが、

そんな奴は入場料を払ってまでやってこないという暗黙の信頼があるのでしょうか…。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022120500j:plain

壁面に並ぶ大作の絵画にも圧倒されました。

すべての作品が絵葉書になっていないのは残念でしたが、4枚だけ購入しました。

(図録には全部載っていますよ_と勧められましたが…)

以下、絵葉書を購入した作品です。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103314j:plain

オダリスク 鍋島正一

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103328j:plain

幻視(並行世界)馬淵哲

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103323j:plain

From now 中井英夫

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103322j:plain

理科室 川村雅文

これら以外にも

オトノキオク・マガリロウカⅠ 小野仁良

a park 丸尾宏一

など、作者・作品名が分からなくなったものまで多数写しましたが、

物販されていないものを載せるのは控えることにします。

(田島先生の作品も絵葉書になっていないのですが…)

見ごたえのある展覧会でした。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103324j:plain

 

久しぶりに京都へ来たので、どこかお寺へということで、

蓮華王院・三十三間堂へお参りしました。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022193536j:plain

この御朱印を書いて頂く直前、電子の異音がお堂内部に響き渡りました。

携帯電話を持たない私であるため、周りにいる人たちが口々に

緊急地震速報だと騒ぎだして初めて、その音の何たるかを理解しました。

しゃがみ込んで身構える人もいる中、私は天井を見上げて

揺れが来るのを待ちました。

木造のお堂が立てるミシミシという重い音、

ゆっくりお体を動かす千手観音像…

その地震が遥か鳥取震源とするものであることは後で知りました。

21年前の震災の記憶が、生々しく甦ったことは言うまでもありません。

……………………………………………………

JR京都駅まで来て、平安工房 人形展「縁 ENISHI」の

春秋山荘まで足を延ばすことに決めました。

湖西線山科駅は一駅向こうに過ぎなかったからです。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103329j:plain

ローカルな電車に目が行きます。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103330j:plain

春秋山荘内部。

展示されているドールの撮影は不可でしたが、

建物だけなら構わないとの許可を得て…。

以前は蕎麦屋、その前は養蚕農家だったとのこと。

あちらこちらで、座ったり寝そべったりしているドールに繋がる世界となっていて、

春秋山荘自体が一個の立体作品のようでした。

f:id:apaleovalinthewi02:20161022103331j:plain

静かな山科の空を見上げて、

帰りました。