読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: moth trapping lamp

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190629j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190628j:plain

一年前に撮った画像に比べて、最近の画像はあまりにも暗い。

改めてそう感じたので、部屋の明りを全部灯けて写してみました。

Lin: purple shadeのツインテール・ウィッグにしたのは

いろんなTayを眺めてみたいというここ最近の流れから…。

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190636j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190638j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190640j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190639j:plain

同じウィッグを着けていても、Linとは全く違う雰囲気になるのは

Tayの個性なのでしょう。

蛍光灯の明りに浮かぶ彼女を見ていたら、

大きな蛾を思い描いてしまいました。

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190632j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190631j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190630j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190635j:plain

そう思い始めると、自然光の明りのみで撮った画像も

紫のウィッグの為せる業なのか

光に誘われて集まる蛾のイメージを強めることになりました。

鱗粉が苦手な私でも、じっと壁に止まっている限りなら

オオミズアオやヤママユの類は確かに美しいと思うのですが…

それでも何故好きでもない蛾のことを想ったのかな。

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190641j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160917190637j:plain

誘蛾燈は当然ながら光に群がる虫の性質を利用した駆除装置。

美しい光の向こうには破滅が待ち構えています。

珍しく明るい光に照らし出された彼女に

心惹かれる私の方が

誘蛾燈に群がる昆虫たちに近いのかもしれません。