麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: lieutenant commander

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191829j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191828j:plain

長門ウィッグをTayに…

公称163cmの彼女が着けると、記憶の並列化だとか

ゴーストが囁くなどと云ってくれそうな感じがします。

こんな役回りは、これまではAmelieに振っていたのですが

なんとなくTayの方が似合う気がしました。

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191831j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191832j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191833j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191837j:plain

太陽が出ている時に写したものでも、それなりの雰囲気ですし

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191820j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191824j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191823j:plain

夕暮れが濃くなる時分には、

ウィッグと唇の色の調和が眼を楽しませてくれます。

ハリウッドの実写版、スカーレット・ヨハンソンということで批判の声が大きいですが

見もしない内からマイナスイメージは持ちたくありません。

士郎正宗の絵を考えれば、押井守のものも神山健治のものもみんな違っていて、

田中敦子じゃない声でも受け入れてしまいますし、

青野楓の舞台ポスターも、あれはあれで良かったのでは…

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191825j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160906191822j:plain

だから、クッションドールのこの子が

こんな紫のウィッグを着けていて

私が、勝手な妄想を思い描いていても

他愛ない児戯に類するもの_

しかし、一笑に付すべきものでも、あれこれ論う人はいるのでしょうね…。