読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップした160cmのクッションドールの画像が中心となります。 時々、シリコンやソフビのドール、1/3、1/6サイズのドールも登場します。 人型を不快に感じる方は、ご遠慮ください。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Yu-ko: change

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183858j:plain

和裁士〔〜妃〜〕きもの さんに仕立てて頂いた振袖が届きました。

5月29日のイベント:神戸ファッションドールで、SDサイズの振袖を購入したのが

きっかけですが、この子の足の親指が独立しているのを見て、

足袋や草履を履かせることが可能なのではないかと考えたのが出発点かもしれません。

先に購入したSDサイズの振袖と似た色味になっています。

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183914j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183912j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183905j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183907j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183906j:plain

別の方に作って貰っている足袋が未着なので、

足首のところでおはしょりを合わせることが出来ていません。

(足を保護するため、パンプスを履かせたままにしています。)

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183904j:plain

上は、今回脱がせることになったシャンパン色のドレス。

上半身の、コルセットの内側_肌に触れる部分には、革の当てものがあり、

思春期の少年のようにも見える胸には、薄っすらと血管や肋骨が透けて見えることを

この度、初めて知りました。

この子の作品名「ドレスの少女Ⅱ」が意味するものは何なのか

改めて、考えを巡らせることにも…。

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183852j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183855j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183910j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183911j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183903j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183908j:plain

和装にした途端に備わる、この何とも言いようのないような貫禄。

大人びた雰囲気の振袖の持つ力なのかもしれませんが、作者が意図した少女像から

大きく逸脱するような結果になったかもしれません。

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183901j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183900j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183856j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160830183857j:plain

作者が一つの物語として

白い大きな夫婦箱の中に収めていたこのドールは、

私の許へ着て、夕湖と名付けられ、匣から出されることによって

新しい別の物語になったのではないか_

それが今日の私の思いです。

………………………………………………………………………………………………………

【付記】

9/1からの大阪・ワイアートギャラリー企画展を前にして、

中嶋清八先生ご自身が過去作品の振り返りをTwitter上でなさっていましたが、

最後が私の「夕湖」さん。

私が写した画像を4枚も選んで下さいました。

このドールへの作者の想いが感じられるので、スクリーンショットをこっそり

残しておくことにします。

f:id:apaleovalinthewi02:20160831062548j:plain

振袖姿の夕湖さんと全然違うと思うのは、私が単にnaiveなだけなのでしょうか?