読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップした160cmのクッションドールの画像が中心となります。 時々、シリコンやソフビのドール、1/3、1/6サイズのドールも登場します。 人型を不快に感じる方は、ご遠慮ください。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: Moss green

Tay_Tierra doll #10

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110521j:plain

古い肖像画のような雰囲気。

モス・グリーンと白。

あとはお気に入りの夕暮れの陰影。

シンプルな画面構成だから古くて落ち着いた感じがするのでしょうか。

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110525j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110523j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110520j:plain

本当の苔はもっと明るくて鮮やかな色をしています。

前日遅くに雷雨があったので、こんなふうに見えるのかもしれませんが…。

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110528j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110529j:plain

二枚目の道は、通勤に原付を利用していた頃、よく走りました。

はっきり分かるぐらい他とは気温が違っていて、

genius lociが棲んでいるのではないかと考えてしまうような

特別な皮膚感覚がありました。

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110512j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110518j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110524j:plain

ひと月ほど前までは、Ditaがこのモス・グリーンのワンピースを着ていました。

見比べるまでもなく、Tayは全然違う着こなし方をしています…

全身を写すと、何だか今からリングに上るプロレスラーのようにも見えます。

謎めいた口許をしていますが、

Tayにはどこか頸い女性の雰囲気がするからでしょうか?

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110517j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110513j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110519j:plain

同じような写真を何枚も撮っているのに

まだまだ撮り足りない気分になるのは、背景の所為。…

ドレンパイプや通風用のルーバー、濡れた壁面など、寂れた古いビルの裏や

さっきのような苔のある道に彼女を立たせてみたいという思いがあるからです。

f:id:apaleovalinthewi02:20160807110514j:plain

外撮影は無理だと分かっていますし、

何よりも等身大ドールを世間一般の衆人に曝すことに対して

納得できないという気持ちが未だに強いのですが…