読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Yu-ko: The air which touches her

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160215j:plain

前回のことがあったので、今回は匣から出さないで撮影するつもりだったのですが…

こんな美しいお顔を見てしまうと、

棺から腕だけ出しているような画像で、お茶を濁すことはできませんでした。

(映画「フランケンシュタインの花嫁」はビジュアルとしては好きなのですが…)

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160212j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160213j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160211j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160214j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160216j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160218j:plain

前日、Tayの睫毛に焦点を合わせようとして、

思うような絵にならなかった反省が生きているのでは__と考えています。

美しい顔を大写しにした画像も少なくないですが、

匣の外に出た彼女を取り巻く雰囲気や

彼女に触れる空気の様子も被写体にしたつもり…

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160214j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160219j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160221j:plain

美しいあの人に触れた空気や風は、何がどう違うのか

嗅ぎ分けることなどできないくせに、特別なものに感じた若い頃。

そのころ好きだった大手拓次の詩を思い出したりします。

 おまへの息は
 はるのひの あさのすずかぜ、
 また うつろひのかげをめぐる
 うすむらさきのリラのはな。__「おまへの息」

f:id:apaleovalinthewi02:20160728160220j:plain

ひと月に一度逢うことにしている夕湖さんなので、

写した画像が一杯です。

別のセットにして続きを作ることにします。