読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップした160cmのクッションドールの画像が中心となります。 時々、シリコンやソフビのドール、1/3、1/6サイズのドールも登場します。 人型を不快に感じる方は、ご遠慮ください。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Amelie: Summer has come.

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184148j:plain

いつの間にか、梅雨は明けていました。

白いコットンのサマードレスは、やっぱりこの子に…

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184234j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184236j:plain

夏のヴィラには、こんな少女が滞在していて…とかなんとか

勝手なストーリーをでっちあげたくなります。

白と青の組み合わせなので、あの子のことも当然のように頭を過ります。

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184155j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184154j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184153j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184142j:plain

既に夏バテ気味で食欲も落ちているのに、

夏が来たという歓迎の気分はどこから来るのか…

学生時代、夏旅行のための特急券を買うために一晩駅の構内で過ごした夜のことを

思い出したりもします。

旅行代金捻出のためのバイトが終わって駅に着いたのが、21時頃。

仲間のみんなは何時からそこに座り込んでいたのやら…

女の子たちが差し入れを残して帰った後、

夜通し駅は開いているのかと思ったら、一応出入りできない状態にロックされ、

照明も最低限に落とされました。

特急列車で行った旅行よりも、駅構内で過ごした夜の方が、

夜明けの始発前のホームに立って、停車中の車両を眺めていた時の方が

ずっと印象に残っています。

JRがまだ国鉄の時代の思い出です。

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184152j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160719184150j:plain

いろんな空想を誘い、

仕舞い込んでいた記憶を新たなものしてくれる

美しいドールには、そんな力が備わっているようです。