麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: while hearing thunder

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191204j:plain

夕方の雷鳴。

久しぶりの夕立ち_と言えるのかな。

子供の頃は、もっと爽快な気分がするものだった_と考えるのは

いかにも年寄りくさい。

ただ、家の中で聴く雷鳴の音は、妙に心を騒がせます。

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191205j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191207j:plain

彼女が穿いているミニスカートは、黒い水着についていたものなので、

巻きつけてはいないけれど、やっぱりパレオなのかな…。

赤いホルターネックのブラは、ビキニの水着。

半袖の赤いラッシュガードのように見えているのは、

超ミニのボディコンシャスのニットワンピース。

色目が水着のブラに合っていたので、着せてみました。

このあと、パレオをとった姿が続きます。

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191200j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191159j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191158j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191155j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191152j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191153j:plain

青のAmelieに対して、Tayは赤という印象が強くなりました。

それに、雷鳴を聞いているという雰囲気も、彼女には相応しい気がします。

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191154j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160704191156j:plain

ひとしきり雷鳴が轟いた後、ちゃんと気温も下がって、

遠くの山の横雲が、千切れていく様子も、

夕立ちの後の風情を感じさせてくれました。

梅雨明けは近いのかな…。