読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップした160cmのクッションドールの画像が中心となります。 時々、シリコンやソフビのドール、1/3、1/6サイズのドールも登場します。 人型を不快に感じる方は、ご遠慮ください。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: Darkness behind her

Tay_Tierra doll #10

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170331j:plain

大雨の早朝。

漸く明るくなってきた窓辺に彼女は立っています。

部屋の中には未だ夜の闇が残っていて、

降りしきる激しい雨音も夜通し聞こえていました。

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170337j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170326j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170330j:plain

気圧の加減か、肩が寒くて、夜中に何度も目を覚ましました。

少しだけ開けていた窓の向こうからは雨の音。……

起き上がって閉めに行くのが何とも億劫で、

布団を手繰り寄せ、肩を隠しただけ…。

彼女の剥き出しの肩に、カーキ色のブラウスを掛けてみたくなったのは

私の体調の変化も関係しているようです。

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170333j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170329j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170334j:plain

ぐっすり眠れないと、いろんなことを考えてしまいます。

考えているそのときは、どれもひどく重要で、大切なことのように感じられても

夜が明けてみたら__顔を洗ってみたら、

憑き物が落ちたような気分になったりします。

f:id:apaleovalinthewi02:20160623170332j:plain

この後、もう少し明るくなってtake2の撮り直しをしています。

全く雰囲気の違う彼女になっているので、

また稿を改めることにします。

暫くTayが続きますが、このブログの主役はクッションドールの彼女なので…。