読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールの画像が主となります。 その他、私が美しいと思うものも…

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: No matter how long I would walk …

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063724j:plain

彼女に新しい衣装を…そう思って抱き上げ、ここへ座らせてみました。

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063715j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063718j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063717j:plain

しかし、座らせてみる前から__

彼女の顔をすぐ間近に感じながら、腰に手を回した段階で、

今日はまだ、このままにしておこうという気持ちに変わっていました。

赤いワンピース姿を、改めて見直します。

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063720j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063721j:plain

雨は朝から降り続いていて、梅雨らしい空模様。

傘をさして歩いていると何故か、

記憶の中の加川良やシバの声に呟きが重なります。

いくら歩いても   いくら歩いても

悲しい気持ちは かわらない     「悲しい気持ちで」

コンビニの透明ビニール傘の下で、

遠ざかっていく車のテールランプを見ながら

免許を持っていても車を運転することはないし、もう一・二度更新したら

返上するだけ__そんなことを考えたりもします。

十代後半と今の私はどれだけ変わったのか。

変わったところを数え上げるのは難しくないように思えても

なにか根本的なところが変わっていないので、ダメだなと感じます。

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063722j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063723j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063725j:plain

身を立てる技能を身に着けなかったとか

学ぶべきときに学ばないまま過ごしてしまったという後悔はずっと続いても

もう自棄を起こすことはないし、苦い味も慣れてしまいました。

f:id:apaleovalinthewi02:20160617063726j:plain

こうして、美しい人型がそばにいることも

関係があるのでしょうか。