読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップした160cmのクッションドールの画像が中心となります。 時々、シリコンやソフビのドール、1/3、1/6サイズのドールも登場します。 人型を不快に感じる方は、ご遠慮ください。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Amelie: absent rose

Amelie_Tierra head+liplop body

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115723j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115711j:plain

燕尾服着用のbefore & after。

この黒いコスチュームは水着のような、レオタードのような…

赤ならVampirellaを真似るのだけれど、この子に長い黒髪はご法度。

またいつかTayに着せることもあるでしょう。

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115717j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115718j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115719j:plain

早朝この子を眺めていて

胸元に赤い薔薇が欲しいな_と考えました。

それもVampirellaからの連想なのかもしれませんが…

幾重にも花弁が重なり合った暗赤色の花。

今そこには存在していない花のイメージが次々に生まれてきます。

 銅色(あかがねいろ)の薔薇(ばら)の花、人間の歡(よろこび)よりもなほ頼み難い銅色の薔薇の花、おまへの僞(いつはり)多い匂を移しておくれ、僞善の花よ、無言の花よ。

                                「薔薇連祷」レミ・ド・グールモン

高校生の時に、呪文のように読んでいた上田敏の訳詩集を思い出しました。

一度想像してしまえば、頭の中には確固としたイメージができあがるのですが

それなりの画像も欲しくなります。

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115726j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115727j:plain

彼女の胸のポケットに、

花弁のように薄くて綺麗な下穿きを忍ばせてやりました。

あとはもうここには存在しない薔薇のイメージを追うばかりです。

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115721j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115722j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115720j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115724j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160614115725j:plain

100均の黒タイツに最初からある横皺も妙に艶めかしいですし、……

Amelieは、私のくだらない妄想に付き合ってくれる得難い存在です。

(彼女には不本意かもしれませんが…)