麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Tay: something's lost ,but something's gained

Additional note: after one year

二年目の夏衣Tay。

take2です。

(今回も画像中心。文章は少なめ…)

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191048j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191050j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191049j:plain

一年前のTayの画像に心惹かれるものがある__

それは何なのか、 確かめたくて撮り直してみました。

この三枚からも分かるとおり、光よりも陰を意識してシャッターを押しています。

窓の明るさよりも、それによって生じる暗さに、なんとも言えない親しみを覚えます。

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191102j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191101j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191047j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191052j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191054j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191055j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191058j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191100j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191057j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160521191059j:plain

一年前の画像に心惹かれるのは、郷愁のようなものかもしれません。

ドール自体は経年劣化があるにしても、変化の無い存在ですが、

彼女を取り巻くものは全て、大きな変化がありました。

消えてしまったものや忘れていたことに、ふと心を動かされるのは

当たり前の、ありふれたこと…。

一年前の方が好きだなと思っても、昔の画像をなぞってシャッターは押せません。

ファインダーを覗いて、今、はっと思ったものを残すしかないのです。