麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Amelie: double

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165013j:plain

80cmと160cmの大きさの違いを改めて感じました。

大きくてもクッションドールなので、

重くありませんし、着替えも楽。

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165009j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165008j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165007j:plain

それでも、こんな子が立っている脇をすり抜けるとき

何か視線を感じますし、

女の子の匂いのような、特別な空気感があるようにも思えます。

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165010j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165011j:plain

160cmの等身大ドールを着せ替え人形にするなら

クッションドールが一番適している。

これは間違いないと思っているのですが、

服に隠れているボディが、どこまでリアルな造形表現になっているかが鍵。

球体関節人形を触ったあとなので

シームレスボディーでなければならないという拘りは薄れています…。

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165012j:plain

f:id:apaleovalinthewi02:20160402165014j:plain

着せてやりたい服がいくつかあり、

これは誰に着せてやるか、あれこれ思い描くのも楽しいです。

明日はTayにするかな…。