読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麗しの160cmドール

ドレスアップした160cmのクッションドールの画像が中心となります。 時々、シリコンやソフビのドール、1/3、1/6サイズのドールも登場します。 人型を不快に感じる方は、ご遠慮ください。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Kayla: white dress

オリーブのスモックを着た画学生から 雰囲気が大きく変わりました。 ボディコンシャスな白のワンピース。 ゴールドのチェーン・ベルトが似合いそうな気がしてきます。 また探してみることになりそうです。

Kayla: olive green

フェリシモのオリーブ・グリーンのブラウスを着ています。 画像はありませんが、後ろには黒いリボンがあるので、 カーキ色でも軍服には見えません。 白いブラウスもあるようなので、次回注文ではそれも購入することにします。 シャレにならないキナ臭い風潮…

Kayla: bright picture

明るい絵になりました。 好みが変わったのでも、心境の変化でもありません。 購入したまま誰に着せるわけでもなく、押し込めたままだった衣装に スチームを当てて、この子に着せてみたら、 そして顔のテカリが出ないように、瞳が写るように心がけたら こんな…

Kayla: short black wig

先日のTayが着ていたドレスも今日のこれも、どこか欅坂っぽい。 フェリシモのSUKIYAKIの中の「世界の童話」シリーズ。 一度Amelieに着せたことがありましたが、なかなか似合う子がいませんでした。 黒いショートウィッグにしたら、Kaylaさんも十代の女の子の…

Kayla: dusk and red_02

再び、夕暮れと赤いドレスのKaylaさん。 どうもこの子のイメージが固定されてしまいそうです。 そうなるのが嫌で、いろんなところは変えていますが…。 ウィッグはロングのシルバーですし、黒いジャケットも羽織っています。 そもそも赤いドレスも同じもので…

Kayla: snowy cloud

雪気に曇る日々が続いています。 さっきまで陽が差していても、気がついたら雪が舞っている… どちらかと言えば温暖な地方都市の、山間に暮らしている所為か、 山腹をゆっくり動いてゆく雲の影に眼が行きます。 せっかく臙脂のセーターが似合っていたのに、 …

Kayla: To the end of the ground, I escape.

私は逃げる 地の果てまで _と口にするときがあります。 1971年の五つの赤い風船「私は地の果てまで」の一節。 もう45年以上も前の歌。 ヴォーカルのフーコさんは既に鬼籍。 私の耳朶の奥に響く彼女の声は、文字どおりこの世のものではない そう思うときの哀…

Kayla: her scent

黒い髪と赤いドレスだったKayla。銀の髪、黒いドレスに替えてみました。 最近イラストをよく目にするNieR:Automata 2Bのイメージがどこかにあるようです。 shortsだけ、白ですし… 163㎝にしては小さい感じのする彼女ですが、 佇んでいる姿を離れて見ると、こ…

Kayla: dusk and red

160㎝級の久しぶりの新顔。 皺の多さ、接合部分の甘さ、その他、懸念材料はありながらも、 普段、160㎝級のリアルタイプ軽量ドールへの渇望感を訴えているので、 この子を無視するわけにはいきませんでした。 (決心するまで約4か月かかりましたが…) この子…