麗しの160cmドール

ドレスアップしたクッションドールと私が美しいと思うものたち。画像の無断使用はお断りしています。

ドールに関する覚書 memorandum about my dolls

Alice38: Near the brightness of the flowers

若葉の頃らしい雰囲気を、この子にも…。 イングリッシュガーデンの中にいる_ そんな妄想の世界に遊んでいます。

Aoki Sora: In the brown corner of the room

一日中、布を垂らしているこの窓辺、 午前中の僅かな時間だけ、陽が差し込みます。 積み上げた木箱の上に ラビリンス・ウロボロスのメダリオンを置いているのは 金色に輝くのを眺めるため。 危うい場所ながら、ソフビ・ビジュアドールのこの子なら 軽くて安…

Tay: In light and a shadow

黒いワンピース。 そのままでは、あまりにも暗い画像になりそうだったので、 窓からの光を意識しました。 しかし、明かりは、この一方向からのみ。 カメラを構えている私の背後は、影というよりは 殆ど闇に近い室内空間です。

Frieda: Cloudy light

この日は下り坂の天気。 出かける予定でしたが、諦めました。 窓からの光は、曇り空特有の色合い。 Frieda にヘッドドレスを付けてやりました。

Ayana: the glimmering flowers

綾苗の、明るくて暗い、そしてザラついた感じの画像。 ドールから少し距離を置いて眺めると また違う魅力を感じます。 前の部屋の、長くて狭い廊下で撮っていた頃を 思い出しているのかもしれませんが…。

Tay: for my consolation

最近、頻繁にブログを更新しています。 読者は、専ら私自身。 (続けて読んでくださっている方も何人か…。頓首再拝。) 時折、瞬間最大風速的にアクセス数が増えて、 すぐに、また元に戻ります。 このブログは私が美しいと思っているものを 手軽に振り返るた…

Akiko: the shadow of boxes

窓辺で、絵の入った箱を眺めていました。 ラベルを確かめ、箱の中を覗いたり、 互いにもたれ合って生まれる影を見つめながら、もの想いに沈みます。 ひと月前に箱に仕舞った朗子さんにも、急に会いたくなりました。

Frieda: Will you dance rock'n roll overnight together?

この画像を見ていたら、 ホレス・マッコイの「彼らは廃馬を撃つ」を思い出しました。 世界恐慌の頃の小説だから ダンスマラソンがロックン・ロールの筈はありませんが、 捨て鉢で、気怠い雰囲気のこの子が踊るなら、 ジャズよりはロックの方が似合いそうです…

Tay: A day stormy to the flowers

この日一日、嵐が吹き荒れました。 見納めになる桜は、前日に眺めておいたので、 ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ 「勧酒」于武陵(うぶりょう) 井伏鱒二の訳詩を呟きながら、この子を眺めていました。

Alice38: Kingdom of Futon

蒲団の王国。 吉行淳之介の「童謡」が好きでした。 「微熱はいいぞ。」という悪魔の囁きのような台詞も、 「飼い犬に吠えられるかもしれない」と脅されるくらい痩せたのに、 その後、元の体重の倍近く肥えてしまった少年の姿も、 文字で読んだだけとは思えな…

Frieda: blue denim blouse

ブルーデニムのブラウス。 でも本当はワンピース。 被りタイプなので、着せるのに若干のストレスを感じます。 キッズ用なので仕方ないですが、それでも着せてみたら若い女の子。 Schönes Mädchen とでも言うのでしょうか。

Tay: Aggressive Red

久しぶりの真っ赤なドレス。 最近は青が多かったように思うのは気の所為らしく、 どちらかと言えば、大人しいお嬢様風…。 今日のような、積極果敢な感じも彼女らしい魅力です。

Frieda: Soft light shines ...

少し明るい画像を…。 窓に垂らした布越しの薄ら日ですが 彼女の頭上には halo が出来ています。

Frieda: just like an actress

ネイビーブルーのコートにベレー帽。 私の妄想の中では、完全に女優さん。 画学生兼モデルのようなキャスティングだと似合いそう…。

Ririko: Flower…Flower…

大きく前が開いた花柄のワンピース。 シリコンドールに着せやすいタイプですが 立ち姿にしたかったので、今日はティエラドールの莉里子さんで…

Extra edition: As memories of the end of March

神戸大丸百貨店屋上。 西の方角を眺めています。 昔、ここには子供用有料遊具がいくつもあって、 ちょっとした遊園地でした。 腹話術師・川上のぼるのアトラクションを見たこと、 小さな巫女さん人形が御神籤を持ってきてくれる自動販売機など 古い記憶が甦…

Yu-ko: I pray for your happiness.

ドアの明かり窓。 何処かにある教会の、光の十字架を連想したらしく、 ランブリングボーイの歌詞を呟いていました。 今祈る 一人旅 あいつに幸あれと… 原詩のMay all your rambling bring you joy という響きも好きですが。

Tay: Far-off figure of a beautiful woman

アップの画像が最近多くなっていたので、 今日は少し離れてみました。 これぐらいでも、私には恐れ多いような気もします。

Frieda: What she is staring at ...

この子の初回記事画像と、同じ流れの中で撮影したもの。 なんとなく取っておいたものをお見せします。 「瞳の先には」という作品名からすれば、 今日の記事を初回にする方が良かったのかもしれません。

Extra edition: selected images of Iris_LEVEL-D

① Iris: The everyday peace that nothing happens 20160105 先日、project LEVEL-D 様のホームページ、リンク集に 上記バナーが掲載されました。 早速、こちらにも LEVEL-D 様のバナーを載せ、 相互リンクの形にさせていただきました。 ここ数日、アクセス…

Frieda: a lucky encounter

「瞳の先には」と題された和田まりえ様の作品。 120cm の球体関節人形です。 乙画廊様のサイトには 石粉粘土、木の粘土、自作アイ(ガラス半球使用) 人毛、油彩+パステル仕上げ、2016年製 と記されています。 私が彼女に初めて出逢ったのは、2016年11月の大山…

Extra edition: Fragility

長野順子・銅版画作品『Fragility』 エッチング・アクアチント 2017年制作 2018年2月20日(火)〜3月4日(日)ワイアートギャラリーで開催の 「さらなる深淵の世界へ 長野順子 宮崎敬介 展」で購入しました。

Tay: the echo of an intermittent melody

黒いブレザーを着せてやりました。 覚束ない指遣いのピアノの音が、 頭の中で甦ります。

Tay: Charm of the profile

厳密な真横ではありませんが… 今回は、こんな感じの横顔について。

Akiko: as a keepsake

前の朗子さんの記事"Phantom Green"の画像と同じ日に撮影したもの。 或る程度撮り終えて、ビーズクッションに寝かせたところです。 次は一か月後かな… そう思うと、せっかくなので、寝姿を残しておきたくなりました。

Akiko: Phantom Green

半年ばかり和装で過ごした朗子さんに 夕湖さんのドレスを着せてやりました。 淡い黄色の装いなのに、窓辺に立つと、 彼女のどこかに、緑の匂いのようなものを感じます。

Tay: the lass in yellow

mimosa yellow のショールを頭に巻いてやりました。 instagram のportraits_vision 等で目にする、美しい女性ポートレートに 触発されているのは明らかですが、 同じくネットで眺めている 青や緑のモザイクタイルで埋め尽くされ、まるで星空のような モスク…

Nana: the first blue

前の記事のDDシリウスを眺めていて、 今度はこの子、オリエント工業のソフビドール、 セパレートのナナについて書きたくなりました。 青いウィッグに、思い切って白いヘッドセットも付けてやりました。

Sirius: blue continuation

DDシリウスは私が購入した初めての着せ替えドール。 2005年5月ですから今年で13年。 prototypeと量産型の二種類あって、今日のこの子は DDベースボディⅠのprototype。 DDベースボディⅡとの一番の違いは、SDと同じように パーツがゴム引きになっていることか…

Ayana: my cutie 02

前の記事 my cutie の続き。 顔のアップばかりだったので、今回は、もう少し全身が入るようにしました。 東向きのベランダへ抜けるドア。 午前中の光で撮っています。